読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3回 たかし (takashisato)さん

ご無沙汰しておりました

あわわ、うっかり1年放置になるところでした。更新が遅くて申し訳ないです。 今回お話をうかがうのは、「おねがいパパ死んで」「のりかえの合間に!」など多くの作品を動画サイトで公開されている、マシニマ*1クリエイターのたかし (takashisato)さん。私自身もSL動画を作成するので、今回のインタビューはとっても興味深いものでした。

たかしさんインタビュー

マシニマ、そしてSLとの出会い

Haruka McMahon: えーとまず、SLをはじめられたのが2013年。わりと最近なんですね。

たかし (takashisato): はい。

Haruka McMahon: マシニマを撮るためにはじめられたということなんですが、始める前にマシニマというものをご存知だったということですか?

たかし (takashisato): いえ。全然知りませんでした。

Haruka McMahon: では、マシニマと出会ったきっかけっていうのはどんな感じだったんでしょう。

たかし (takashisato): 友達とお酒飲んでて、自分は映画好きだから、自分で映画撮れたらいいなーみたいなことを言って、でも、撮れるわけないしって言ったら、PCで撮れるんじゃない?って話になって、それで、ゲームで映画撮るっていうのを教えてもらいました

Haruka McMahon: なるほど。そうすると、映画を撮れるゲームを探していてセカンドライフに出会ったみたいな感じですか?

たかし (takashisato): はい。その「PCで撮れるんじゃない?」って言った友達がSLのことも教えてくれました。なので、ネットで自分でも調べて、セカンドライフ始めたかんじです。

Haruka McMahon: それで、実際のところ、セカンドライフは映画を作る素材、あるいは撮る環境としてはご自分の理想に合った感じですか?それとも足りないところが多いですか?

たかし (takashisato): うーん。他の物をまだ試したことがないので。でも、ちゃんと作れてるから、満足してます。

Haruka McMahon: 出演されてるアバターはお友達とかから集めてるんですか?

たかし (takashisato): ほぼ自分一人で撮ってます。アカウント3人と、あとは合成で。

Haruka McMahon: おおお、それはすごい。「のりかえの合間に!」とか結構複数人数で出てるシーンもありますよね。全部お一人でアバター操作するんですか?


1話「のりかえの合間に!」 - YouTube

たかし (takashisato): 「のりかえの合間に!」だけ、SLのお友達をつかってます。

Haruka McMahon: あ、なるほどー。

たかし (takashisato): エキストラさんがほとんどだけど、きよばあっていう売店のおばちゃんの若いころもSLのお友達です。

Haruka McMahon: あー、あのおばあちゃん。

キヨばあ
f:id:regicat:20140727235208p:plain
若い頃のキヨばあ

Haruka McMahon: 声優さんはどうやって集められたんですか?

たかし (takashisato): 声部っていうサイトがあって、声優さんになりたい若い人やなりたかった社会人の人がそこに集まっているので、そこで声優さんしてくれる人を募集してます。

Haruka McMahon: http://koebu.com/ こちらですね。

たかし (takashisato): あ、それです。あとは、SLの友達でやりたいって人にお願いしたりです。上手な人がたくさんいるので、助かってます。

撮影の工夫いろいろ

Haruka McMahon: 撮影する上での苦労話とかありますか?

たかし (takashisato): うーんうーん、一番は人間関係だけど…あとは、大変は大変だけど楽しいからなぁ。

Haruka McMahon: あ、それはありますねー。技術的にはそんなに苦労はしない?

たかし (takashisato): 難しいことはたくさんありますね~。以前は、手の形が思った形にできなくて、刀持ってる手とか変だったりして気になっていたのですが、Blender で自分で手を作るようにしたので、解決しました。今回の「While Driving」っていう動画が、半分実験みたいな感じで、手をアップしても不自然なところはない用に作れたかなぁと思ってます。

Haruka McMahon: そうですね、あの指でハンドルを叩いてるシーンびっくりしました。SLでは手指の演技は撮れないっていう先入観があったから、まず指が動いてるのみてびっくりして、コマ撮りと聞いてさらにびっくりしました。

ハンドルを叩く指
f:id:regicat:20140727235609p:plain

製作中の貴重なショットをたかしさんからご提供いただきました。

たかし (takashisato): コマ撮りは結構よく使うんですよね~。あの手は、指とてのひらの部分が別オブジェクトになっているので、ちょっとずつ角度とか動かしてスナップショット撮影で動かしました。

Haruka McMahon: すごい。

たかし (takashisato): それ以外でも、親子で手をつないでいるシーンも、一瞬だけど手がアップになるので、メッシュハンドを子供の手にのせて撮影したりとか、ハンドルにのせてる手も、マシニマで撮ろうとするとアバターがちょっと動くとずれるから、アバターの手はアルファで消して、ハンドルにメッシュハンドをリンクさせて撮影したりしました。

Haruka McMahon: すごい工夫。いやあ、できないと思ってあきらめちゃだめですね。w

たかし (takashisato): けっこう、出来ないところをどう撮影するか考えるのが楽しいんですよね^^

Haruka McMahon: あ、それは解る気もします。

たかし (takashisato): バックしながらハンドルをうごかすシーンも、自分の中ではうまくできて、一人でにんまりしてました(笑)

Haruka McMahon: なるほどー。

たかし (takashisato): あとは、車内の撮影はけっこう車の壁や屋根がじゃまになって撮りにくいので、自分で車も作って、縦半分の車とか、横半分の車とかで撮影しました。

Haruka McMahon: おおお。

Haruka McMahon: 3Dのモデリングマシニマ以前からなさってたんですか?

たかし (takashisato): いえ、全くしたことなかったです

Haruka McMahon: ええー、じゃあ撮りはじめてから覚えて!

たかし (takashisato): はい。本を買って読んで勉強しました

Haruka McMahon: すごい努力ですねー。

たかし (takashisato): 結構楽しんでやってます^^

たかし (takashisato): でも、以前仕事でAdobeイラストレーターとPhotoshopはつかっていたので、3Dではないけど、なんとなくそういうことに抵抗なくはじめられた気がします。

Haruka McMahon: なるほどなるほど。

マシニマあれこれ

Haruka McMahon: 話は変わりますが、他の人のマシニマ作品はよく見たりしますか?

たかし (takashisato): はい。よく見ます。意外とたくさんあって、驚いています。

Haruka McMahon: お気に入りの作品とかマシニマ作家とかあれば、教えて頂けないでしょうか

たかし (takashisato): インワールドで交流がある人では、たゆぶ監督はいつも面白いもの作るし、技術力もすごいなぁって思ってます。

Haruka McMahon: あ、MGSIT*2の!

たかし (takashisato): はい^^


MGSIT-26 【超凹戦隊ネガティブファイブ】 - YouTube

Haruka McMahon: あのシリーズは面白いですねー。

たかし (takashisato): ですね~。たゆぶ監督のセンスというか、ノリというかはすごく好きです^^

Haruka McMahon: うんうん

たかし (takashisato): お会いしたり、お話したことはないですが、TAKさんだったかな?名前もしかしたらちょっと違うかもですが、スターウォーズマシニマ作ってる人もすごい技術力で。


Dancing StormTroopers (Second Life) - YouTube


The Galactic Empire(second life star wars)

Haruka McMahon: あああ!ありましたね。あれもすごかった。

たかし (takashisato): あれ、見るとびっくりしますよね。

Haruka McMahon: びっくりしましたー。

たかし (takashisato): かなりそっくりに作ってて、僕はスターウォーズ大好きなので、けっこう魅入っちゃいます、あの映像は。

Haruka McMahon: ちなみに、リアルでもやっぱり映画お好きなんでしょうね

たかし (takashisato): はい、映画大好きです^^

Haruka McMahon: どんなジャンルがお好きですか?

たかし (takashisato): うーん。暴力シーンばかりなの以外は何でも見ます

たかし (takashisato): でも、SFとアクションが好きかなぁ。

Haruka McMahon: なるほどー。

目指せ、TSUTAYAレンタル

Haruka McMahon: 動画を作るに当たって目指すところというか、理想とする監督や作品みたいのありますか?

たかし (takashisato): 目指しているのは、TSUTAYAでレンタルされちゃうような作品を作ることです。(笑)

Haruka McMahon: おお(笑)

たかし (takashisato): あとは、これは映画だ!って誰が見ても言うような作品を作りたいなぁと思います

Haruka McMahon: なるほどー。ちなみに次回作の構想とかもうあったりしますか?

たかし (takashisato): はい。

たかし (takashisato): 次はアクション映画みたいなのを撮る予定です。スパイ(忍者)ものです。

Haruka McMahon: おおー、それは楽しみです。

たかし (takashisato): 「While Driving」の車の技術使って、カーアクションも録る予定です。車がクラッシュするシーンは、走ってる車、撃たれた車、ぶつかってへこんだ車、何かに激突したら、壊れていく車を作って、コマ撮りしようと思ってます。

Haruka McMahon: また大変そうな……(笑)でも、大変なだけ、出来上がってくる映像のクオリティも高くなりますもんね。

たかし (takashisato): はい^^。本当は、メッシュオブジェクト制作を担当してくれる人がいたらなぁってよく思います。

Haruka McMahon: なるほどー。

たかし (takashisato): メッシュハンドと、メッシュの車は、すでに作ったので、次のマシニマでもできるけど、他に、メッシュの髪の毛も自分で作れれば、風でなびく髪も表現できるし、洋服も、戦闘前と後で同じ服だけど、ぼろぼろになってるとか、そういうのやりたいです。

Haruka McMahon: じゃあ、インタビュー記事で募集してみるとか。

たかし (takashisato): そうですね。募集したらいいのかなぁ。ちょっとだけ悩むんですよね。

Haruka McMahon: 確かに、製作者が自分ひとりじゃなくなると難しい面も出てきますよね。

たかし (takashisato): そうなんですよね。あと、声優さんみたいに、やりたい人がいっぱいいて、しかも分かりやすくそういう人がたくさん集まってる場所(サイト)があるのと、自分から募集をかけるのってちょっと違う気がして。なかなか一歩を踏み出せない分野です。

Haruka McMahon: なるほどー。では最後に、次回作のさらに先、今後の展開について、どういう方向をめざすか……TUTAYAで借りられる作品?(笑) たかし (takashisato): はい^^最終目標はそこです(笑)。でも、そこにいくには、とにかくたくさん作ることだと思ってます。

Haruka McMahon: なるほど。 たかし (takashisato): 撮りたい話もたくさんあるので、アクションマシニマ撮影した後も、また連続短編もの撮りたいなぁとか、SFサスペンスでけっこう話が出来てるものもあるし。

Haruka McMahon: おお。

たかし (takashisato): あと、RLが整体師なので、整体のお話とかもつくりたいなぁとか。

Haruka McMahon: 整体師さんだったんですか!お仕事でイラレ・フォトショ使ったことあるっていうからてっきりデザイナーさんとかかと。

たかし (takashisato): 20代前半のころ、何年かデザイナーしてました。広告印刷物の。

Haruka McMahon: あ、なるほど。

たかし (takashisato): 今は、自営業の整体師です。

たかし (takashisato): 出張がメインなので、電話がくるとお客さんのおうちに行く感じなんです。

Haruka McMahon: じゃあそんな整体師さんの映画ができるのを楽しみにしています。

たかし (takashisato): はい(笑)そういえば、もう1つだけ。

Haruka McMahon: あ、はい。

たかし (takashisato): じつは、まだ僕はだれにも話したことがないんですが、たゆぶ監督と共同でマシニマ作ろうっていう計画があります。

Haruka McMahon: おおお!

たかし (takashisato): どんな話作るかはまだこれからゆっくり考えようって感じで、出来たら、お互いの持ちキャラを出して話を作りたいね~くらいの段階です。今は。

Haruka McMahon: なるほどー。すごい情報をありがとうございます。そちらも楽しみです。

たかし (takashisato): はい^^

インタビューを終えて

私自身も「漆紅-sick」のマシニマがきっかけでSLにより興味を持つようになり、自分でもSLやMMDで動画を作るようになってしばらく経ちますが、SLの動画製作は本当に工夫次第でどんどん可能性の広がる楽しい世界です。SL自体「まだあったのか」なんて言われることもあってなかなか話題にならないマシニマですが、もっともっと注目されるようになって欲しいと思います。そのためにもぜひ、たかし監督のご活躍を期待しています。

なお、きたる7月31日、セカンドライフ内のシアターでたかしさんの「While Driving」の上映会が開催されます。賞金つきカーレースイベントも行われるこの上映会、ぜひお越しください。詳細はリンク先にて。

TEST THEATER:上映会と賞金付きカーレース!- powered by metabirds -

たかしさんからのメッセージ

つい最近、新しいマシニマを作りました。「While Driving」というタイトルで、湘南の海沿いを車でドライブしているマシニマです。車を走らせているときの爽快感や楽しさを表現できたらいいなと思い作りました。また、以前作った「のりかえの合間に!」というマシニマのスピンオフにもなっています。

その「While Driving」の動画に関連するイベントとして、アンケート企画、クイズ企画も行っています。アンケート企画は8月15日までにお答えいただくと動画で使用した「江ノ電」がもれなくもらえます。クイズ企画は7月30日までの期間で全問正解者の中から抽選で3名様に動画で使われたメッシュアイテムなどがいろいろ当たります。たくさんの方に、参加してもらえると嬉しいです。 また、インワールドの映画館「テストシアター」で7月31日に上映会も行います。みんなで「While Driving」を一緒に見よう!という企画ですのでこちらもどうぞよろしくお願いします。

たかしさんのブログと動画チャンネルはこちら

マシニマパラダイス

takashi sato - YouTube

たかしさんのユーザーページ - niconico(要ニコニコ動画アカウント)

*1:ゲームの映像を利用して映画を作成すること、あるいは作成された映画。マシン+アニメ+シネマからできた造語。セカンドライフアバターや背景世界をユーザーが自由に作成できるため、マシニマ作成環境としてよく利用されている。

*2:セカンドライフ内で活動している動画製作グループ。シリアスなPVから抱腹絶倒のパロディ動画まで、その作風は幅広い。